建売住宅をお得に購入する方法。諸費用を262万円安くして購入する

2019年2月3日

購入申込みをする前に都市銀行で事前審査をする大きなメリット2つ

 

住宅ローンはなるべく金利の低いところで審査して契約するのがお得です。0.1%違うとなんと約100万円総支払額が変わります。今一番金利が低いのはネット銀行です。ネット銀行にはいくつかありますが、その一つのじぶん銀行はローンの借入期間中にがんと診断されたらローン残高が半分になる「がん保険特約」が無料で付いてきます。さらに金利は最低水準の0.457%(変動金利)です。(18年11月現在)

金利が低い分、じぶんでやらないといけないこともありますが、契約時に少し手間をかけるだけで、総支払額を数百万円単位で減額することができます。

もちろん、審査を通るかどうかは人によって違います。審査基準も実際、じぶん銀行と三菱UFJ銀行に事前審査をしたところ、じぶん銀行の方が条件が厳しい内容でした。

せっかく家を選んで選んだ家を購入することが決まったとしても、ローンの審査が通らないと購入することはできません事前にどのくらいの物件が買えるのかどうか確認するためにも事前に準備することが大切です。

また、最近では都市銀行などで事前審査が通っていないと申し込みを受け付けない売主もいます。そのことに気づいて慌てて、事前審査をしている間に他の人に取られてしまうということがないように事前に準備しましょう。

ここではネット銀行で審査を通すためにやっておくべき準備不動産業者(売主)への信用を高めて値引き交渉を有利にする方法を説明いたします。

(内容)

1 ネット銀行で借りるといくらお得になるのか
2 ネット銀行で本審査を通すための準備
3 物件の購入申し込みをする前に都市銀行の事前審査を受けるメリット

2 どのくらい借りられる? 銀行口座開設~ローン事前審査

住宅ローン事前審査をする際の手順

物件を内覧してある程度どの価格帯で購入するか見当がついたら事前審査を申し込みます。

 

1 内覧物件の中で仮の購入予定物件を決める

仮の購入物件を決めてください。すでに購入する物件が決まっている方はその物件ですが、ここでは実際に購入する物件でなくても大丈夫です。

2 事前審査を申し込む

事前審査が通れば必ず、本審査も通るとは限りませんが確率は上がります。

(1) 都市銀行(三菱UFJ銀行、三井住友信託銀行、みずほ銀行等)

(2) ネット銀行(じぶん銀行、住信SBIネット銀行、ソニー銀行等)

3 事前審査の結果をもとに再度、建売住宅を検索する

どのくらいの物件を購入できるのか把握することができますので、物件探しも効率的に行うことができます。

Left Caption

 

ネット銀行で申し込みするための準備と住宅の購入申込みをする前に都市銀行で事前審査をするメリットをご覧ください↓

次のページ、売主か仲介手数料無料の仲介業者どっちがお得か?徹底比較、建物診断付きの業者も紹介

Posted by HIRO