発売半年後に100万円の値引きで購入を決意しました

2019年1月27日

私は神奈川県に住む会社員です。家族は私と家内、そして中学生になる息子の3人家族です。年収は900万円で、2018年に自宅に近い場所で念願の一戸建てを購入しました。

子供が中学生になってもう転校はさせたくない。自宅近くで家探し

購入のきっかけは自宅近くに手頃な物件が売りに出されていた事です。今まではずっと賃貸に住んでいましたが、子供も中学生になり、かなり自宅が手狭になっていたのです。かと言って子供も中学生のため転校などはさせたくありません。

そんなこともあって子供が転校する必要のない、今の自宅近くに手頃な物件を探していました。そのニーズに今回の物件が合致したという訳です。

物件を探すにあたってとにかくこだわったことは、子供が今通っている中学校の学区内であること。これが第一の条件でした。

次に最寄り駅までの距離が徒歩10分以内であること。これは通勤が楽であるということもそうなんですが、将来的に物件を手放す際には良い条件になるからです。また、自宅近くに食品スーパーがあるということも必須条件でしたね。

 

物件探し条件① 子供が通っている中学校の学区内であること
② 最寄り駅まで徒歩10分以内であること
③ 近くにスーパがあること

そんな条件に合う物件は今まで何件か見てきました。それでも今回、購入を決めた物件にしたのは、家に使われている部材や建具、そして設備などの質がとても高かったからです。フローリングなどはとても質感の良い一枚板がふんだんに使われていて、一見して建売には見えない出来栄えの家でした。

販売から半年の時期に4200万円→4100円に値下がりしたところを購入

そんな建売の家を販売が始まった2018年1月から半年経った、6月に購入を決めました。発売当初からその家はなかなか気になっていたのですが、正直、発売時の価格が4,200万円とかなり高めだったのです。けれども価格が高いせいかなかなか売れずにおり半年経った時点で100万円の値引きがされて4,100万円になりました。

私は4,100万円の金額でもこの家の質ならば安い買い物と思っていたので、心の中ではもう買う決意はしていました。けれども、ダメで元々という感じで不動産業者さんと値引き交渉をしたのです。

不動産業者さんの話によるとやはり使っている建材がかなり高級な物であり、これ以上の値引きは正直厳しいと言います。それならば、値引きは無理でも何かオプションを無料で付けてくれるようにお願いをしたところ、家具屋さんの商品券を10万円分プレゼントしていただけることになりました。やはり交渉事はダメで元々の覚悟でやってみるものですね。

新居で家族の笑顔が増えました。

買った金額には後悔は全くしていません。むしろ満足している位です。周辺の同じ広さの一戸建てと比べると確かに高い金額でしたけれど、質感がとても良い家なので自慢の我が家だと思っています。

この家は数年経つとその良さがじわじわを感じ取れるような気がして、時間が経つことでどのような味が出てくるか今からとても楽しみにしています。

この家を買って総合的にはとても良かったと思っています。住宅ローンはやっぱり大変ですけれども、仕事をする励みにもなります。

何より、新居では家族の笑顔が増えました。笑顔の多い家庭は幸福で満ち溢れています。そう思うと毎月のローンの支払いってそれほど負担には感じなくなってきます。建売住宅も良い物件を探して買うとこんなにも幸せになれるものなんですね。

 

Left Caption
住宅購入に役立つサイトをまとめました是非ご覧ください。

 

建売住宅の購入諸費用を節約するための方法

建売住宅購入navi

通常より5~10%お得に建売住宅を購入する手順をご紹介しています。1番から順にご覧ください↓