200万円の値引き後に出会い、さらに50万円の値引きをしていただき購入に至りました。

2019年1月27日


横浜市在住の会社員です。2013年5月に契約をし、同年6月から入居いたしました。当時の年収は540万円くらい。家族構成は夫婦と2歳の子供の3人家族でしたが、8月に2人目の子供が出産する予定でした。

家の購入のきっかけは2人目の妊娠

1人目の子供が産まれてから夫婦でいつかはマイホームが欲しいと漠然と話し合っていました。そんな時に2人目の子供が妊娠したことが一番のきっかけでした。そしてそれまで住んでいた賃貸の更新のタイミングが近づいていたのですが、更新後は家賃が上がることが決まっていたので、マイホームを持つならこのタイミングと思い購入しました。

それに共同住宅ですと子供の走り回る音や泣き声で近所迷惑になることがわかっていたこと、そのことによるストレスを考えると戸建て住宅の方が周りのことを気にすることが少なくなる為、ちょうどいいタイミングだったと思っています。

家購入の条件は~前面道路が広くて楽々駐車

当時の私の勤務先が都内でしたので、通勤に便利なJR沿線が希望でした。JR沿線は物件価格が高かったのですが、他の沿線から乗り換えをするくらいであれば駅まで遠くてもいいので、なんとか駅まで歩ける20分位までを検討可能としていました。

また、妻の実家からは近い方が良かったため、妻の実家まで車で20分以内ということも条件にして探していました。その他は車の駐車が楽にできるように前面道路が広いこと、比較的評判のいい学校が学区であることも考慮しました。

物件価格、立地、間取り、外観等全体的に今まで見てきた物件の中で最もバランスが良かったと思いました。少々小ぶりな家でしたが、希望の条件をほぼ満たす物件であったことが一番の理由です。

また、妻が気に入ったことも背中を押す要因となりました。

完成から3か月で200万円の値下り、さらに50万円の値引き

購入した家は当初は3380万円でしたが、完成してから3か月経っていましたこともあり、3180万円に値下がりしていました。

端数の80万円を値引き交渉したのですが、既に200万円も下げた物件のためそこまでの値引きは無理でした。しかし最終的には50万円の値引きを飲んでくれて3130万円で購入しました。

満足しています。私が購入した後、周辺で同じような建売住宅が何棟が販売していますが、価格は私が購入した時よりもかなり上がってきている感じがしています。いい時期に購入したと思っています。

家を購入して良かったこと、後悔していること

2人目の子供も無事に産まれ、現在は2人の男の子と夫婦の4人で住んでいますが、なにより子供たちが発する音の問題について、周りを気にすることが無いことがとてもストレスフリーで良かったと思います。

また、賃貸時代の家賃と現在の住宅ローンの返済額と比べても現在の方が安くなっているので、家計的にも良かったです。そして私自身マイホームを持ったということで自信がついた気がしています。

賃貸の時の希薄な近所付き合いから、今ではしっかりと近所付き合いができるようになり、災害時等何かあった時の不安は少なくなりました。
後悔していることとしてしいてあげればもう少し広い家がよかったかなということです。子供も大きくなってきて収納スペースが足りずに日々断捨離の生活になってきました。

 

Left Caption
住宅購入に役立つサイトをまとめました是非ご覧ください。

  

建売住宅の購入諸費用を節約するための方法

建売住宅購入navi

通常より5~10%お得に建売住宅を購入する手順をご紹介しています。1番から順にご覧ください↓