購入するタイミングは娘の入学式に合わせました。

2019年1月27日

家を購入して良かったのは、やはり生活スタイルが充実しました。これまで苦労していた家事もだいぶ減りましたし、立地条件などから子どもたちの習い事まで随分とラクができるようになりました。家の中はまさに快適です。 後悔している点は、御近所付き合いです。小さい子供が周りにたくさん住んでいるせいか、御近所付き合いが濃密に行われているようです。
鹿児島在住の主婦です。2017年8月に家を購入しました。家族構成は私、主人、二男一女の3人の子供がいる五人家族です。
家の間取りは4LDKで購入金額は3000万ちょっという感じです。住宅ローンは地元の地方銀行で変動金利0.75%、35年ローンで組みました。月々の支払いは10万ほどですが、太陽光発電で月平均4万程が入ってくるので、実際には6万程の支払いです。ボーナス払いはありません。

購入するタイミングは入学式に合わせました。

購入するタイミングとしては二番目の子が女の子で、その子の入学式に合わせて引っ越しと自宅購入することにしました。

エリアは元住んでいた地から離れた所の全く新しい地でしたので、エリアも絞るのが大変でしたが、出来るだけ県の中心部に近い場所で尚且つ主人の職場から余り離れていない場所で徐々に絞って行きました。

子どもたちが通う小学校もさほど離れていない場所で考えました。あと、主人がパチンコをするので、パチンコにハマり過ぎて誘惑されないように、周りにパチンコ店がない場所も重要なポイントでした。

今の自宅に決めたのは営業マンの真摯な態度

購入するまでたくさんの物件を回って、それと同じくらいの営業マンの方とお会いしましたが、今の自宅に決めたのは、やはり営業マンの真摯な態度でした。

今でも忘れませんが、私がお会いした営業マンで悪かったのは「家を買わせたい!」と言う思いばかりで全く買う側の事を考えない発言を聞かされた時です。「家は勢いですから!勢いで買っちゃえばどうにかなりますから」こんな軽い言葉を言われて、血の気が引いたのを覚えています。きっと買わせたら終わり、そんな関係が透けて見えました。

今の営業マンさんの良かった点は、やはり買う側の立場を考えてくれた事です。やはり大きな買い物、なかなか決め切らない私たちを急かす事なく待っていてくれました。それだけでじっくり考える事ができたと思います。

中に入っただけでここだ!と思いました

初めて現地見学に行った時はパッと中へ入っただけでここだ!と思いました。自分がこれまで思い描いていて間取りがほぼ全て合致していたのです。むしろそれ以上でした。モデルハウスだったのですが、すぐに頭の中でこの家で生活している自分たちの姿が思い浮かべる事ができたのです。

家を購入して良かったのは、やはり生活スタイルが充実しました。これまで苦労していた家事もだいぶ減りましたし、立地条件などから子どもたちの習い事まで随分とラクができるようになりました。家の中はまさに快適です。

後悔している点は、御近所付き合いです。小さい子供が周りにたくさん住んでいるせいか、御近所付き合いが濃密に行われているようです。

元々団地住まいだったため、面倒な御近所付き合いも頑張ってこなしてきましたが、家を建てたからには誰に気を使う事なく暮らすのが夢でした。全くの盲点でした。本当に今現在困っています。

 

Left Caption
住宅購入に役立つサイトをまとめました是非ご覧ください。

  

建売住宅の購入諸費用を節約するための方法

建売住宅購入navi

通常より5~10%お得に建売住宅を購入する手順をご紹介しています。1番から順にご覧ください↓