少しぐらい子供がドタバタしても苦情を気にせずいられるようになった

2018年12月5日

福島県在住で2012年3月に中古で購入しました、電気製造業メーカー、年収約500万円です。

家族構成は妻と子供2人で、間取りは3LDK、購入金額は約1500万円、ローンは月々とボーナス併用で20年ローン(10年固定金利で残りの10年は金利変動)、ローン会社は銀行で金利は1.25%、月々6万円づつの支払いです。

度重なる余震で賃貸にひびが入り不安が募る日々

家を購入するきっかけになったのが東日本大震災です。2011年に地震が起こり福島県含め東北地方は大打撃を受けました。

当時はアパートに住んでおり、部屋数が3つで住むには十分でしたが、外壁や基礎にヒビが入り、管理会社からは耐震に問題は無いと言われていましたが、やはり大きく入ったヒビと、度重なる余震で不安が募っていました。

時期を同じくして原発の大爆発と放射能漏れで周りの知り合いの中には、会社を辞めて関東以西に引っ越したり、親戚に家に避難する人など、福島県には住めないと考える人も出ていました。

地震から半年ほど過ぎた頃には、同じ地区でも空き家が目立つようになり、中には売出し中の看板も目立つようになりました。

住宅に問題ないとの一点張り、アパートの管理会社に不信感

アパートの他の住人がらも修理するように再三管理会社に申し入れましたが問題無いの一点張りで、引っ越しをする人も出て来ました。

私もさすがに管理会社の言うことを信用できなくなってきており、実家にでも引っ越そうかと妻と話をするほどでした。幸いにも原発から数十キロ離れており放射能の影響はあまり無かったので悠長にしていましたが、建物の倒壊とかを心配して過ごしていました。

上の子は小学校低学年でしたが友だちも多数おり、引っ越すのはイヤだと泣き騒ぐ始末でどうしたらいいのか分かりませんでした。

今いるところから数100m、同じ学区に見つけた住宅

周りの空き家も気になり不動産のチラシを時々見るようにしていましたが、学区が同じという条件の所はありましたが、値段が高く手が出せない物件ばかりで諦め半分でした。

数か月探しているそんな中、偶然にもアパートから数百メートルで学区も同じ価格も手ごろという一軒家を見つけ内覧することにしました。

駐車場が縦列というのが少し気になりましたが、学校の目の前で徒歩1分、川も山近くに無く安全な地域ということで妻からもOKが出たので購入することに決めました。

不動産については、地元の不動産ということで評判も良く安心出来ました。銀行への借入れ交渉も登記や契約も一切合財面倒を見てもらったので助かりました。

ただ悪かったことと言えば購入に関して税金の優遇(住宅ローン減税)について教えてもらえなかったのが少し残念でした。こちらは自分で調べて節税できたので結果的には良かったのですが。

広々、リビングダイニングで20畳。8畳間が3つは子供部屋にぴったり

家の見学に行っての感想としては、下がリビングでキッチンとつながっているのが気になりましたが約20畳と広く、リフォームもしてあったのでキレイでした。上は8畳間が3つで子供部屋にピッタリでした。

外壁も震災後だったにも拘らずヒビや外壁の崩れも無く問題なしでした。家の中の壁の一部が少しひびが入っているような状況でしたので補修と壁紙の全てを貼り替えで対応して貰うことにしました。

なお、一番気になっていたのが駐車場で20年ほど前の物件と言うことで、周りの住宅も同じように縦列駐車で、入れるのが少々大変かなと思いましたが、慣れれば大丈夫と考えました。

因みに他にも2件ほど内覧しましたが、駐車場は1台だったり、修理が必要で補修には数百万円掛かる状況だったため諦めました。購入した物件は南向きでしたが、前に家があるので日当たりが心配でした。しかし、南側は庭含め10メートルほどあったので問題なしと判断しました。

下の階の人からの苦情がなくなり、家を購入して良かった。

家を購入して良かったことですが、以前は子供が小さく少しドタバタと走り回ると下の階から苦情が来たりしていました、それだけでも嫌だったのですが、顔を会わせるたびに脅されるような言い方をされたりと、子供に危害が加わらないか心配していました。

それが一戸建てに引っ越してからは無くなり心配する必要もなくなったので非常に気が楽です。後悔している事と言えば、縦列駐車ということで毎日妻の車と入れ替えをするのですが、目の前の道路に一時的に停車していると文句を言う人がいるので困っていることです。

近所でも有名ないちゃもんをつける人らしく、こんな人はやはりどこにでもいると気にしないようにし、その人が出てきた時には車の入れ替えをしない様にして対策しています。

ローンに関しては、月々のアパート代と同じぐらいだからと思っていましたが、子供の教育費が予想以上に掛かっているため、ちょっと生活はキツイです。とはいえ学校も近く、妻の職場も近いのでほどほどの物件だったかなと考えています。 

 

建売住宅の購入諸費用を節約するための方法

建売住宅購入navi

通常より5~10%お得に建売住宅を購入する手順をご紹介しています。1番から順にご覧ください↓