エクステリアなども自由自在!騒音対策に怯える必要なし!

2018年12月5日

エクステリアなども自由自在!騒音対策に怯える必要なし!
エクステリアなども自由自在!騒音対策に怯える必要なし!

兵庫県で2005年の5月に建売を購入しました。当時の職業は百貨店の販売員で年収は200万です。

購入当時は新婚で、家族は夫婦だけでしたが猫を一匹飼っていました。間取りは4LDKで駐車場と小さな庭付き、居間が吹き抜けです。

購入金額は4100万円、ローンは不動産会社の提携のりそな銀行を紹介され、当初2年間は優遇金利0.98%で変動金利、3年目からは固定金利で2.3%、35年ローンを組みました。

月々の返済額は最初2年が45,000円で固定金利になってからは70,000円です。頭金に自分の母親から借りて2500万円支払っていたので、ローンは1400万で済みました。ボーナス払いはありません。

現在の非課税枠は?親の退職金を頭金として購入できた。

新婚で住んでいたアパートの火災警報機がよく壊れてはすごい音で鳴り響いたこと、大家さんの子供さんが勝手に駐車したりしてトラブルが耐えなかったことなどでアパートを出ようと考えており、その当時自分の実家の近くに売り出している家がある、と親から連絡を貰って見に行ったのです。

土地から買って自由に建てることも出来るということでしたが、不動産には詳しくない上にどうしても譲れない間取りなどはなかったので既に建っている家を見学させて貰ったら気に入ってしまいました。

当時は夫婦2人で子供が出来るか判らなかったこともあって、4LDKは広すぎるかなと思っていたのですが、居間の吹き抜けや広々としたダイニング、日当たりや風通しのよさが気に入ってほぼ即決でした。

丁度親が退職をしたばかりで退職金を頭金として貸してもらえるという話もあったので、購入を決めたのです。

住宅取得等資金の贈与税の非課税
住宅取得等資金の贈与税の非課税

「住宅取得等資金の贈与税の非課税」のあらまし – 国税庁

駅から徒歩15分で便利、市役所や大きな病院があって安心した住宅地で決定

駅から徒歩で15分、自転車だともっと近いこと、市役所や大きな病院があることです。こだわりというほどではないですが、家の目の前が一級河川で涼しい風が吹くというのも大きな理由でした。

土地から家を建てて販売まで一つの会社がやっているところだったので、中々良い設備が安めの値段で買えたことです。仲介手数料がなかったのも大きかったです。悪かったところは、家を買って2年後には倒産してしまったので、設備の故障などで頼る相手がいなくなったことでしょうか。

何と言っても広い吹き抜けです。リビングの上がほぼ全部吹きぬけであいているので天井が高くて解放感が大きく、昼間は光がさんさんと降りそそいでくるので電気が必要ありません。

予算を超えていましたし、夫婦2人には大きな家だったのですが、隣近所で吹き抜けがある家はここだけ、という特別感もあってこの環境で暮らしたいと強く思いました。現在は子供が2人いるので4LDKで丁度良いです。

戸建てを購入して良かったこと

戸建てを購入して最も良かったなあと思っていることは、やはり騒音問題です。ずっとマンション暮らしだったので物音に気をつける生活が普通でしたが、子供が生まれると周囲への音を気にするのが大変でした。

そして自宅を購入して一番嬉しいところは、やはりエクステリアなどが自由に出来ることでしょう。実家は持ち家のマンションですが、共有スペースにものを置いたり工事をしたりを勝手には当然出来ませんので、何か設備が欲しいと思ってもマンションの組合で意見を通してから管理会社に連絡して、と時間がかかります。

その点我が家は戸建てなので玄関周囲からカーポートまで全部自分好みの設備を揃えることが出来ました。外見から気に入ると自宅に戻ってきたときの喜びやほっとする感じは格段によくなりますので、しみじみと戸建てを購入してよかったなあと思っています。

一目ぼれでも予算は厳守したほうが良い

一つ後悔している点は、やはり予算は守ったほうが良かったな、ということです。購入してから私が病気になって仕事を退職したこともあり、子供が出来たこともあり、資金面で何かと大変でした。

2500万円くらいの戸建て、という予算を守っていれば、こんなに大変な思いはしなかっただろうなあと思うこともあります。間取りが気に入って買いましたが、一目ぼれでも予算は守りなさい、と過去の自分に言いたいです。 

 

建売住宅の購入諸費用を節約するための方法

建売住宅購入navi

通常より5~10%お得に建売住宅を購入する手順をご紹介しています。1番から順にご覧ください↓