キッチンが広くなって夫婦のプチイライラがなくなった。

2018年12月5日

キッチンが広くなって夫婦のプチイライラがなくなった。
キッチンが広くなって夫婦のプチイライラがなくなった。

2017年4月に福島県に小さな平屋を建てました。結婚して10年、30代子なし夫婦と猫一匹です。家の間取りは1LDK+部屋干し用の小部屋。建物土地込みで3200万円です。

住宅ローンは常陽銀行、固定金利1.6%、35年ローンで組みました。頭金を多めに入れたため月々の返済は56,000円、ボーナス払いはありません。

ペット可の賃貸は割高、家購入でのびのびと暮らせるようになった

家を購入すると考えたきっかけは、住んでいた賃貸が狭くて毎日ストレスがたまっていたからです。キッチンも一人暮らしサイズで夫と2人で立つとせまくてイライラしていました。

ペット可のため家賃も割高でそれならもっとのびのび過ごせる家が欲しいねということになりました。

春には窓から近くの桜をのぞむ静かな住宅地

土地選びのこだわりは、まず小さい平屋を建てられるスペースがあること、通勤に負担のない距離であることを重視しました。

結果、以前より会社が近くなり、昔ながらの住宅地なので静かで土地選びにはとても満足しています。春には窓から近くの桜が見えるので自宅でお花見ができます。

担当者も猫が好きでリラックスした雰囲気で提案できた

業者さんに感謝している点は、土地選びから親身になってたくさん提案していただいたことです。担当さんも猫好きの方で自宅での打ち合わせも、リラックスした雰囲気で要望を伝えられました。

不満な点は、どこでもある程度そうなのかもしれませんが、金額の詳細が最後まであいまいだったことです。その他は、私が鵜呑みにしすぎたのが悪いのですが、内装や設備の提案がベストではなかったと感じます。

最近では3D画像でリアルにシュミレーションできるメーカーさんもあるようですが頼んだ業者さんは白黒の線だけの図面で、素人にはなかなか出来上がりをイメージすることが難しかったです。自分たちでフリーソフトで図面を立体化したり、絵に描いたりと試行錯誤の日々でした。

他の展示場や見学会には何度も足を運びましたが、正直あまり違いを感じられませんでした。最終的に決めた業者さんは窓の取り付け位置のそろえかたや内装の仕上げが美しくすぐに気に入って、その場で具体的に購入したい意思を伝えました。

キッチンが広くなり、食事の準備も夫婦でできるようになった。

購入して良かった点は、キッチンが広くなったことで食事の準備を夫婦でスムーズできるようになったことです。猫が入れないように独立したキッチンに
したので料理に集中できます

想像以上だったのが、植栽の効果。我が家は狭い庭ですが、モミジやヤマボウシなど数種類の木を植えました。初夏は新緑、秋は紅葉。窓から見える植栽に季節を感じます。植物の手入れをする趣味もできました。

後悔している点は、予算の都合で全室暖房にしなかったことです。エアコンだけでは冬場は足下が寒くて、もっと空調を重視するべきでした。

独立させたキッチンには空調がないため、夏は扇風機、冬はヒーターが手放せません。とくに今年は猛暑なので、仕事から帰ってきた際のモワッとした空気はつらいです。 

 

建売住宅の購入諸費用を節約するための方法

建売住宅購入navi

通常より5~10%お得に建売住宅を購入する手順をご紹介しています。1番から順にご覧ください↓