念願のマイホームで暮らす家族との幸せな毎日。

2018年12月5日

下の子の中学入学前、2017年12月に家を購入しました。

私は神奈川県に在住の会社員で年収は約600万円です。2017年12月に家を購入しました。家族構成は私、共働きの妻、子供2人の4人家族です。家の間取りは4LDKで購入金額は4000万円でした。

住宅ローンは新生銀行の変動金利(半年型)タイプで金利0.6%、30年ローンで組ました。月々の返済額は126,000円でボーナス時の支払いはありません。

住宅を購入したきっかけは下の子が中学に入学する時に、自分の部屋が欲しいと言い出した事でした。他にも年老いた母親が一人で実家に暮らしている事が心配な事と通勤が楽になる場所に家を建てようという事で家の購入を考えました。

同年代の担当者、気兼ねなく相談できて不安も解消しました。

善は急げと早速新聞の折り込みチラシが良く入る地元の不動産業者を訪ねてみました。家の購入は今までの人生の中でも最大級の買い物になるので、若干不安な気持ちもありましたが担当してくれた社員さんは笑顔が印象的な好青年でした。

担当者が自分と同世代という事もあり色々と話が合い、何でも気兼ねなく相談ができて不安も解消されてきました。こちらの不動産業者に決めて良かった事は土地探しから始まり、部屋の間取りからローンの手続きまでとても親身になって対応してもらえた事です。

希望の予算と地域を伝えて数軒の物件を探してもらい、現地まで見に行きました。実際に現地で見てみると大きなマンションが隣接していたり、工場が近くにあるので昼間でも大きな騒音がするなど気に入る物件ではありませんでした。

昼間は静かでも夜はどうなのか。確認して不安もスッキリ。

そんな時にちょうど掘り出し物件が出ました。すぐに見に行くと、それは住宅街の外れにある物件で今は駐車場となっているため、地盤は固そうで周りも静かな環境だったのでとりあえず仮押さえをしました。

購入を決めてから実際の住宅環境はどうなのか、昼間は静かだったけど夜はどうなのかなど様々な不安な部分が出てきました。

それらの事を担当者に聞いてみると彼は実際に現地に出向いて、ご近所の方に色々と住宅環境の事を聞いてくれました。近隣にうるさい人はいないか、夜は静かな環境なのかなど詳しい話を聞いてくれたので、自分の不安な気持ちも無くなりスッキリした気持ちになりました。

始発駅から座って通勤できるので会社に行くのが楽になった

担当者の対応は特に不満もなくいつも良い対応をしてくれたのですが、1つだけ不満に感じた事がありました。それは担当者が急な出張で不在になった時に、代わりの社員さんと一緒に住宅ローンの手続きのために銀行へ行くことになりました。

その時にこちらがお願いしておいた重要書類をその社員さんが忘れてしまい、危うくローンの実行が出来ないところでした。銀行の貸し付け担当の方が機転を利かせて何とか無事にローンが実行されましたが、今でも思い出す度に不快な気持ちになります。

家を購入したすぐ後に近所に大手のコンビニが出来たので、買い物が便利になりました。また始発駅から毎朝座って通勤出来るので会社に行くのも楽になりました。

ただ少し離れた場所に救急病院があるので、たまに救急車のサイレンが鳴り響いて目が覚めてしまう事があり、それが少し残念でした。それ以外は大満足のマイホームで、笑顔のあふれる楽しい毎日を過ごしています。

 

建売住宅の購入諸費用を節約するための方法

建売住宅購入navi

通常より5~10%お得に建売住宅を購入する手順をご紹介しています。1番から順にご覧ください↓