4000万円コツコツ貯めて家購入。20歳から計画していて良かった。

2018年12月5日

両親がいる近くで家を買うことにしました。

購入場所は、高知県です。住んでいるところがそうなので、そこで買うことにしました。ほかのところのことも考えましたが、やっぱり両親が近いところが便利と思って両親が居るところにしたのです。

年収は、主人と合わせて1000万円です。主人が700万円で、私が300万円でした。主人は会社員、私は事務職です。家族構成としては、主人と私と子供が二人です。

購入金額は、土地が2000万円で家が2000万円でした。トータルで4000万円ということになります。家の間取りは、5LDKです。

4000万円貯めて、ローンを使用せずに住宅購入

住宅のローンとしては、利用していません。それは、家を建てることを若いときから目標にしていたので、そのために節約をしてきました。その結果、予定の4000万円を貯金することができたのです。

そのことから、キャッシュで支払いを行うことにしました。私が家を建てる計画をしたのは、20歳の時です。その時から、仕事を始めた時も貯金をすることを趣味としていたのです。

いつかは、素敵な家に住みたいということを、ひとつの大きな目標をして頑張りました。その結果、貯金をすることができたのです。

子供の学校とコンビニが近くにあって便利

家を購入するきっかけとしては、子供が小学生になる前に作りたいと思っていたのでそのことを重視しました。そして貯金ができた目安額で建てることができる家を探すことにしたのです。

そのエリアにしたのは、なんといっても子供の学校が近いということがありますね。徒歩で行けることと、中学や高校も近くにあるのでぴったりのところと思ったのです。

そして便利であるのは、コンビニが家の近くにある事です。スーパーは遠くにありますが、コンビニが近くにあると何かと便利と思うことができます。直ぐに買うことが出来るので、その点ではとても助かっています。

津波の心配がないところ、安全なところに購入

地震が来た時に、津波の心配のないところとしても検討しました。やっぱりその安全な場所に家があるというのは、とても重要です。

不動産業者は、私たちののぞむ場所について真剣に考えてくれました。いくつか候補も上げてくれて、毎日連絡してくれたので助かりました。あとから、もっと良い物件があることを知り、ひとつの不動産会社を早めに決めすぎたかなとは思っています。

初めて現地を見たときは、とても感動した。地域のつながりを感じた。

はじめてその現地を見た時は、とても感動しましたね。それは、なんといってもそれまで住んでいたマンションが、とても不便な場所にあるからです。便利な場所にあるという事で、そのことだけでも感動でした。

また、周りにお年寄りが多く、下校時の子供にも暖かく接してくれていて、地域の人達のつながりを感じることができました。そのことも安心感がありました。

よかったこととしては、便利な間取りであるということです。家事をしやすい動線になっているので助かっています。また静かな環境というところも気にいっています。

不便と思うことは、車ので入りに信号の近くなのでちょっとしにくいです。 

 

建売住宅の購入諸費用を節約するための方法

建売住宅購入navi

通常より5~10%お得に建売住宅を購入する手順をご紹介しています。1番から順にご覧ください↓