建売住宅購入までの流れ 実際に購入した際の体験談

2019年1月27日

引き渡し前の立ち合い検査

2016年10月18日

家の引き渡し前に売主との間でチェックを行います。
ここで指摘したものは全て売主側が是正した上で引き渡しを行います。

この後に不備を見つけても直してもらうことができません。

ここで建物診断の威力を発揮します。すでに2回もチェックをしてもらっていて、売主に指摘する箇所は細かいものを含めて50箇所を超えていました。

Right Caption
すでにチェックしております。全部で50か所ほど直してもらいましょう。

 

Left Caption
すごい、たくさんあるんですね。苦笑

具体的には断熱材の不足箇所、外のタイルのひび、窪み。壁の傷や接着の不備などです。

あきらかにわかるものもありましたし、プロでないと見つけられないものもありました。

普通であれば入居前の点検は初めての方がほとんどだと思います。
普通は見落としてしまうと思います。

Right Caption
入居前までに直すことができますか。

 

Left Caption
なんとか頑張ります・・・。

事前にプロに指摘箇所を教えてもらえて、直してもらえるのは本当にありがたいです。

 

窓の大きさを図りに一人で住宅へ

2016年10月19日

飯田産業の物件はカーテンレールと網戸が付いていませんでした。
窓の大きさを測りに売主に言って家の中に入れてもらいました。

電話で確認すると鍵の場所を教えてもらえたので入ることができました。

一人なのでゆっくりと測ることができます。

この家に住むんだなー。綺麗だ。

ワクワクしながら窓の枠に書いてあるシールを写真に撮って、図面に書き込んでいきます。

Left Caption
自分でできることはやってみよう。


ここはこの網戸、と一つずつ確認しながら印をつけました。

楽天で一括で注文すれば専用の網戸を送ってくれるみたいでしたので、そこで注文しました。

ついでにカーテンレールとカーテンも注文します。

網戸はただはめ込むだけのものと組み立てるものがありますが、私はどちらのタイプでも割と簡単に付ける事が出来ました。

オプションもありましたが、ここで少し節約です。
その他、カーポートや倉庫なども通販で頼むことができました。

ポイントも結構付加されたので、そのポイントで家電などを買うことができます。

カーポートと倉庫以外、網戸、カーテンレール、冷蔵庫、テーブル、ソファー、ベッドなど全て引っ越し日当日に届くように指定しました。

 

指摘した箇所の是正確認、最終検査

2016年10月20日

指摘した箇所が本当に直されているのか、確認してもらうことができます。

立ち合いは不要です。

ほとんどの箇所を直して頂きましたが、中には作業が間に合わないところもありました。

との連絡が、

Left Caption
申し訳ありません・・・。間に合いませんでした。お引っ越し後に責任をもって直させて頂きます。

 

ただし、引っ越しの日も決まっていますし、入居後に必ず直す事を約束しますとの事でしたので、了承することにしました。

是正確認までしてくれて、これで安心して入居することができます。

残金決済・引き渡し

2016年10月20日

契約時と同じ場所吉祥寺の飯田産業本社へ行きました。この日は残金決済の日です。

1 じぶん銀行から私の口座に借入金の振込
2 私の口座から飯田産業の指定銀行に振込
3 売主から物件の引き渡し

といった流れで行います。

私の口座に4000万円程振り込まれたのを見て凄いとおもいましたが、すぐにそのお金は売主に振り込まれてしまいました。

この日は田中さんと売主の司法書士、売主の担当者、私の4人で手続きを行いました。

結構スムーズに引き渡しまで終わり、いよいよ入居です。

Right Caption
手続きはこれで全て終わりですが、何かございましたら、遠慮なくお声かけ下さい。
Left Caption
何から何まで本当にありがとうございました!!

不用品の回収

引っ越す前の家の不用品を回収してもらいます。冷蔵庫は市に頼むのが一番安い。

食器棚や家電は回収業者に持って行ってもらいました。

Left Caption
よし!家も片付いてきた。新しい家楽しみだな~。

引っ越し当日

2016年10月23日

建物に対しての心配は何一つない状態で引っ越しができます。

引っ越し業者が午前中に前の家のものを積んでそのまま1キロほど離れた新居へ向かいます。

ダンボールや本棚の設置をしてもらっているうちに冷蔵庫が届いたり、網戸が届いたり、洗濯機や家具が届いたりと、家の中は業者だらけ。

私はコツコツ網戸とカーテンレールを設置していました。

カーテンレールの設置には電動ドリルと壁の下地があるかどうか調べる器具が便利です。

Left Caption
設置の方法もゼロシステムズの田中さんに教えて頂きました。

次々と設置が終わり業者さんも帰っていきます。全て予定をまとめることは大変なのですが、早く新しい家に住む事が出来ますし、時間も節約できます。

また、不要なダンボールなどは引っ越し業者が持って行ってくれたのでそこはありがたかったです。

今日から新居での暮らしです。

建売住宅を購入して良かったこと

社宅から新居に移って一番良かったことは子供が走り回っても隣や上下階の人を気にすることがなくなったことです。息子2人いますが、いつも走り回ったりしていたので迷惑にならないか心配でした。もちろん設備も新しくなり使いやすくなりました。

自分の家に帰ってきたときに子供たちが元気に遊んでいる声を聞いて、今では嬉しい気持ちになります

今回、このように住居を購入しましたが、諸費用を大幅に抑えられたので余裕をもって家具や家電を揃えることが出来ました。

また、住宅ローンの金利をネット銀行にすることで月々の支払いも少なくすることができましたし、入居前に建物診断を受けたので入居後も安心して暮らすことが出来ています。

入居して2年が経ちましたが、今でも最善の方法で家を買ったと思っております。

家を購入したいと考えている方に参考にして頂けたら嬉しく思います。

Left Caption
今でも家族で安心して暮らしています。