建売住宅購入までの流れ 実際に購入した際の体験談

2019年1月27日

ゼロシステムズの内覧、思ったより凄い

2016年6月26日

その日はあいにくの雨でした。傘をさして現地に向かうとちょうどゼロシステムズの方も到着していました。私の家からは1キロも離れていませんでしたが、担当の方は埼玉から来て頂けたので本当に感謝です。

運が良かったのか、テレビで見た田中代表に来ていただけました。中に入ると早速建物を確認されています。

Right Caption
雨の日の方が建物診断しやすいんです。

雨が多いですねというと担当者は雨の方が日当たりや水回りを確認しやすくて良いんですよとおっしゃっていました。さすがプロの視点。

さらにスリッパを使わない方が床の状態を確認できること、特にお風呂場に断熱材が入っていないことがあること等を教えて頂きました。

一つ一つ丁寧に建物をチェックしていると今度は専用の機器を使って、建物が斜めになっていないか、そして床下収納の蓋を取って床下の状態をチェックしています。

においや水が漏れていないか湿気を確認しているらしいです。

また、放射能の数値や地デジの電波が来ているのかホルムアルデヒドの測定もして頂けました。

引用:ゼロシステムズ

 

目視での確認、そして専用の機器を使ってプロが購入する前に見てくれたことは本当にありがたかったです。

今見ている物件はパワービルダーではなく、ライズウェルという立川にある会社が建てた物件でした。この会社は注文住宅も建てている会社です。

プロの建物診断の結果は今の所問題はないという結果になりました。

これで安心して購入できそうです。

その後近くの喫茶店にいき説明を受けます。物件価格は4780万円ですが、その他に諸費用がかかります。
諸費用は1792880円、合計49592880円と算出してもらえました。
最初に説明を受けた会社は合計で5200万円弱でしたので約200万円程安くなる計算です。

この差の大半は仲介手数料、これだけで1613520円。その他住宅ローンの代行手数料等の諸費用を会社名のとおり、「ゼロ」にして頂くことが出来ました。

建物診断までしっかりして頂いて、200万円も安くして頂けるとは本当に感謝です。

Right Caption
売主さんからは仲介手数料を頂いておりますので、十分なんです。お客様からは頂きません。

 

その他住宅ローンの説明を受けました。年齢、年収、勤続年数などから一発でどこの銀行のローンが通りやすいのかわかるソフトを開発されたみたいです。

私も確認したら、大体85%ぐらいでローンが通る結果になりました。

また、銀行とフラット35の説明、固定金利やミックス、変動金利というローンの組み方を丁寧に教えて頂きました。

とても対応が良く信頼もできる方でしたし、やはり200万円節約できるのは他には代えがたいメリットです。

家に帰った後に初めの担当の方にはお断りの連絡を入れて、ゼロシステムズに頼むことに決めました。

Left Caption
200万円節約できたので、家具や引っ越し代にあてられる。しかも建物診断まで付くなんて。

買付証明書(不動産購入申込書)の提出

2016年6月27日(月)


ローンの事前審査(ネット銀行)に通っていること、そして十分返済可能であるということを確認して、その家を購入することを決意しました。

当然家族とも相談して出した結果です。これだけ条件がそろっている家でも即決とまではいかず、考えられるデメリットなども考慮して決断します。

結果、この家を購入することを決めました。早速、購入申込書を書きます。

Left Caption
よし!この家を買おう!!

不動産を購入する際の値引き交渉はこの不動産購入申込書で行います。

私は端数の80万円を値引いた4700万円で購入したい事を申込書に記載しました。

そして、不動産購入申込書を書いてスキャナーで画像に取り込みメールで送信しました。

数時間後、確認のメールとお電話が来て私の購入意思を確認して仲介業者から売主に送付されました。

Right Caption
確認させていただきました。売主に早速連絡いたします。
Left Caption

パパ

よろしくおねがいします。

値引き交渉の結果が売主からきました。

購入意思の確認の電話

2016年6月28日(火)

数日後4700万円で出した不動産購入申込の結果が売主から来ましたとの連絡がゼロシステムズ(仲介業者)からありました。

結果は4700万円までは値下げすることは出来ませんが、4760万円であれば可能ですとの回答です。そもそも700万円も値下げしている状態、ダメでも購入しようと考えていましたのですぐに購入の意思を伝えました。

Right Caption
4760万円であれば購入可能です。

 

すると契約日が来週の土曜日、7月2日でよろしいでしょうかと売主から連絡が入ります。

いよいよマイホームを購入します。期待に胸を膨らませて、手付け金(100万円)の準備のため銀行に引き出しに行きました。

次のページ(契約日まであとわずか)