子供が楽しく暮らせる家、再開発も見据えて購入

2018年12月5日

東京都在住の専業主婦です。世帯年収は約1000万円です。家族構成は、主人、私、子供2人です。家の間取りは、3LDKに変更可能な2LDK+ロフトとなっており、80㎡となっています。住宅ローンは、住宅価格4700万円のうち借り入れは3400万円、住宅ローンは35年で金利は0.975%でした。月々の返済額は95000円ほどでボーナス払いはありません。

家購入のきっかけ

家を購入するきっかけは、1人目の子供を出産して部屋が手狭になり、一人目の子供が幼稚園に入る前、そして2人目を妊娠する前にまずは広い家へ引越しをと考えたからです。

エリアに関しては新宿を軸に考えて通勤がしやすい場所をメインに考えました。そして駅から徒歩分程の平坦でかつ緑もあり落ち着いた住宅地を中心にさがしました。環境としては、周囲に多摩川や野川、深大寺、三鷹、吉祥寺などがあり、自然と都会を味わえるエリアだったこともあり夫婦ともに納得のエリアでした。

また、駅や線路の地下化など、大規模な再開発がおこなわれる計画もあったので将来性もある場所です。現在では再開発工事も終わり、駅周辺の環境は大変よくなりました。町全体が活気づいたのを感じています。

時間を変えて3回、生活環境をチェック

主人が不動産会社という事もあり、担当の営業の方にも良くしていただきました。こちらの希望に沿ってサポートしてもらえて本当に良かったと思います。最初に土地を見に行った際、時間を変えて3回見に行きました。

日当たり人通り近隣住民の生活環境などをチェックし、防犯面で不安な場所がないかも注意してみるようにしました。それをもとに、家を建てる際にはプランを大きく変えてリビングを二階にしてもらったり、廊下部分を極力減らして限られた空間を居室に回るように工夫したり、屋根裏収納をロフトに変えてもらい生活空間をひろげた結果、自分たちのライフスタイルにあった生活空間になったと思います。

少し後悔していること

生活感が出ないように収納を増やしてすっきり見せるよな部屋作りを目指したのですが、2階に水回りをまとめたため、1階にトイレがない事で不便を感じる事があったり水の音が気になる事もあります。玄関の位置をもう少しずらしていれば車が2台止められたと後から気付きました。そして、隣家とあまり距離がないため窓の位置や形にももう少し配慮があればプライバシーの面でももう少し快適に過ごせたと後悔しています。

団らんの時間が増えて、子供に注意する回数が減った

マンションから一戸建てに引っ越したことで上下の音の問題から解放され、窓を閉めていれば他の家に子供の声で迷惑をかける事もないので本当に気持ちが楽になりました。子供にたいしても注意する事が減り、団らんの時間が大変増えました。

また、階によって生活空間を分けられるので、それぞれの時間が持てるというところもポイントです。再開発まえに購入しましたが、現在ではエリアの人気が高まり1割以上相場が上がっています。購入した時期も大変良かったと思います。

まとめ

賃貸では上下階や周りに気を使いますが、戸建て住宅ではほとんど音が気になりません。また、駐車場のスペースも庭を少し減らせば2台止めれそうだ。ここは将来再開発される予定だから便利になりそう等と将来のことを想像して購入するのも楽しみの一つですね。
 

 

建売住宅の購入諸費用を節約するための方法

建売住宅購入navi

通常より5~10%お得に建売住宅を購入する手順をご紹介しています。1番から順にご覧ください↓